東日本大震災から10年を迎えて

 高橋修一です。

 東日本大震災から10年を迎えました。

 改めまして、震災によってお亡くなりになられた方々とご遺族の皆様に哀悼の意を表します。

 また、震災により被災された方々、今なお避難生活を余儀なくされている方々に心よりお見舞い申し上げます。

 ちょうど10年前、平成23年3月11日の午後2時46分は県議会予算特別委員会に出席しており、議会内で大地震に遭遇しました。

 被災地の現地調査、災害対策に係る特別委員会設置、生活再建・産業復興のため国への要望活動、県復興プラン・ビジョンの策定、創造的復興を目指した施策・事業の展開。

 「東北の復興なくして日本の再生なし」との決意で集まった岩手県、宮城県、福島県をはじめ東北各地の青年政治家との絆。

 本県の震災復興については、県民の郷土愛と力が結集されたことで、この10年で復興を成し遂げることができたのではないかと振り返っております。

 そして、東北全体の震災復興についても、未だ復興への歩みは続いておりますが、着実に前進しているものと感じております。

 時代は「平成」から「令和」へ。

 当たり前のことが当たり前ではない日々が一年余り続いております。

 誰もが新型コロナウイルスの収束を見通すことができず、県民の暮らし、地域経済などに甚大な影響を及ぼしております。

 東日本大震災から10年を経た今、未曾有の国難であった震災からの復興を今一度、思い返し、県民の皆様と共に現下のコロナ禍を乗り越えて、次なる新たな時代を迎えるために最大限努力してまいる決意です。

 どうか、今後とも皆様のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。 

 皆様にとりまして、ご家族ともども健康な日々をお過ごしになりますよう心よりご祈念申し上げましてご挨拶とします。

 

令和3年3月

青森県議会議員 高橋修一