責任の重さを自覚し、誠心誠意努めてまいります

 高橋修一です。

「令和」という新たな時代を迎えるなかにあって、皆さまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 日頃皆さまには絶大なるご支持を賜り、衷心より厚く御礼申し上げます。

 昨年4月の青森県議会議員選挙におきまして皆さまのお力添えにより、無事当選することができました。

 改選後の県議会では、議会運営委員会委員長を拝命し、より責任ある立場で県議4期目をスタートしているところでございます。

 さて、本年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。

 世界各国から多くの人が我が国を訪れますが、本県においても大会を大いに盛り上げ、開催効果を獲得できるよう取り組んでいくことが求められます。

 また、本年は「青森県基本計画『選ばれる青森』への挑戦」が2年目を迎え、本県の最重要課題である人口減少克服に向けて取組をさらに加速させるとともに、「北海道・北東北縄文遺跡群」の世界文化遺産登録実現に向けて重要な一年になるものと捉えております。

 さらには、本県の強みである農林水産や観光分野での戦略的施策の遂行、2025年超高齢化時代の到来を見据えた「青森県型地域共生社会」の実現、東日本大震災や近年全国的に頻発する大規模自然災害を教訓とした防災・減災の着実な実施、第80回国民スポーツ大会開催に向けた準備の本格化など、広く県民の皆さまからの負託に応えるべく県政のさらなる発展のため、青森県議会において議員としての責任の重さを自覚し、誠心誠意努めてまいる所存でございます。

 どうか今後とも皆さまの変わらぬご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 皆さまにとりまして令和2年がご家族共々健康で実り多き、よき年となりますことを心よりご祈念申し上げましてご挨拶とさせていただきます。

令和2年2月

青森県議会議員 高橋修一